両立支援のための行動計画

 日本の少子化が進むなか2005年4月「次世代育成支援対策推進法」が制定されました。
「次世代育成支援対策推進法」とは、”次の世代を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境をつくるため、 国や地方による取り組みだけでなく、事業主も働きやすい職場環境をつくる努力をしましょう”という法律です。
 そこで、当学園も職員が子どもを育てやすい職場環境を作るとともに、地域との連携や社会貢献のため、下記の行動計画を作成しました。
 


令和2年4月1日

学校法人県北若竹学園 行動計画

 教職員が仕事と子育てを両立することができ、働きやすい環境整備を行うことで、全ての教職員がその能力を十分発揮できるよう、次のような行動計画を策定いたします。
  1. 計画期間
    令和2年4月1日 ~ 令和4年3月31日
  2. 内容
    目標1:計画期間内に男性1人以上の育児休業取得を目指す
      <対策>
    • 令和2年4月~
      男性教職員への具体的なニーズ調査
    • 令和3年4月~
      制度を周知する
    <対策>
    目標2:働き方の見直しによる、年次有給休暇の取得状況を改善する
      <対策>
    • 令和2年4月~
      各部署の年次有給休暇の取得率を調査し、取得日数の少ない部署の把握に努め、取得できない原因を検討する
    • 令和3年4月~
      上記を参考にし、管理職を対象とした研修の実施や補助教職員、パート教職員の確保など有給休暇の取りやすい環境作りを行う
    目標3:病後児保育を更に周知し拡充する
      <対策>
    • 令和2年4月~
      現状の利用状況の把握や教職員へのヒアリング調査
    • 令和3年4月~
      上記を参考にし、利用者の増加を図る

県北若竹学園TOP