学校法人

学園
メニュー

WEB出願

若竹幼稚園からのお知らせ
  • 園のことINFORMATION

  • 園のこと

施設・設備

  • 安全・安心で充実した環境で楽しい園生活をサポート!

    県内でも類まれな広さを誇る園庭は朝の雨降りでも放課後には外遊びを可能にする排水システムを備えています。運動能力の発達を助ける大型遊具を効果的に配し、砂場なども衛生管理を徹底しています。室内の各教室には、お子さまの成長段階に応じた大きさの角の丸い机・椅子を使用しています。幼児期を過ごす環境は、その後の一生に大きく影響をおよぼすことから、子どもたちには、最良の設備や道具に囲まれてすくすく育って欲しいと思います。

大型遊具

みんなで一緒にあそべる大型遊具

篭原若竹幼稚園のさまざまな遊具は、遊びながら自然に友だちをつくり、集団生活に溶け込めるように工夫されています。まるでツリーハウスのような「わんぱくとりで」や、船のかたちをした「かいぞく船」などの大型遊具はオリジナルで制作しました。
  • わんぱくとりで

    若竹オリジナル遊具

  • かいぞく船

    若竹オリジナル遊具

施設

安心して過ごせる生活環境

子どもたちがのびのびと過ごせるさまざまな保育環境を整えています。
  • 保育室

    天窓からの採光であたたかな雰囲気のお部屋です。

  • 屋外運動場

    園児全員が一緒に遊べる運動場は、150mトラックを中心に、周囲もたっぷり余裕のスペースを有しています。グラウンドは土中の排水システムにより、朝の雨くらいであれば午後には遊ぶことも可能にします。

  • 屋内運動場

    全園児を一堂に収容できる多目的ホールです。本格的な舞台ステージ・照明設備が完備され、学習発表会、クリスマス会、お誕生会、PTAの催しなど、さまざまなイベントに利用しています。とび箱・平均台・鉄棒・マット・エアーマットを完備し、雨天時の運動場としても活躍しています。

  • 砂場

    砂場の砂は専門業者に依頼して定期的に砂を焼いてもらい、殺菌対策をしています。

  • 給食センター

    給食センターがつくり出す温かい手作り給食が好評です。きめ細やかなカロリー計算、栄養価計算はもちろん、毎日の放課後に行う殺菌灯によるセンター全体の殺菌・消毒に加え、シーズンにあわせ温度調節と衛生面に配慮した大型暖飯・保冷機、大型冷蔵庫による安心、安全な食事が人気です。また、子どもたちが自分たちで配膳などに参加することで、偏食や食べ残しが減るという効果も上がっています。

  • 衛生設備

    1歳児~5歳児専用洋式トイレで、暖房便座も完備。トイレルームには温水シャワー・バスタブを備え、どろんこ遊びや万が一の汚れにも対応しています。

  • 通路

    通路、廊下は、万一の場合にも備え、ゆとりの2.5m幅を確保し、非常口への誘導を最優先で設計しています。もちろん雨の日などの遊び場としても活用でき、クッションフロアなどの衝撃緩衝材も敷設しています。

  • 専用農園(のこファーム)

    約30種類の野菜を育ててクッキング保育や、給食センターで活用しています。

  • 保健施設

    職員室の隣に救急用品、薬品を常備した保健室を設置。外窓、内窓からチェックできるような管理体制を取っています。

  • 病後児保育室

    病気の回復期のような、保護者さまのご心配時期は過ぎたけれども集団行動を控えたい状態のお子さまを、仕事がお休みできない保護者さまのためにお預かりするお部屋です。専属の看護師、保育者が常駐しています。

  • 専用駐車場4ヶ所

    保育参観・学習発表会・運動会などの行事に、遠方からお車でご参加される保護者さまがご利用可能です。

  • パソコン専用ルーム

    カリキュラムに、パソコンレッスンが導入されています。専任講師の指導で、基本操作をマスターした後、お絵描きやカードづくりを学びます。パソコン18台を完備しています。

  • 図書コーナー

    各保育室内に図書コーナーを設置し、自由に読書できる環境を整えています。保護者さまもご利用可能な図書コーナー「のこちゃんライブラリー」は、令和6年度の蔵書数が学園全体で約4,600冊となっています。

  • 園庭プール

    たくさんの園児が一度に思いきり水遊びを楽しめるプールです。毎日数回の水質検査を行うなど衛生面にも配慮しています。また、紫外線を緩和する特殊ネットを利用しています。

  • 学研のタブレット型知育教材
    (キッズボード)

    年中の竹組より、タブレット型知育教材を、ひとりにつき1台ずつ貸し出します。ひとり1台の導入は篭原若竹幼稚園が全国初の試みです。タブレット型知育教材では、あいうえお・数字および簡単な算数など、学研が開発した文字や数、動物・昆虫・植物・乗物、身の回りにある英単語などを、遊びながら学習できます。今までの教材型学習は、先生の説明を全員でいっしょに聴いてすすめる方法でしたので、理解力の格差が発生していました。タブレット導入によって、早く理解する園児はさらに進んだレベルにチャレンジでき、反復練習が必要な園児は、昼休みや放課後などを使って個別学習が可能になりました。
    (無料貸し出し)

設備

充実した園生活を過ごせる設備

広い園庭には、さまざま遊具を配し元気いっぱいに遊べる環境を整えています。また、安心してお子さまをお預けいただけるよう、セキュリティ対策にも力を入れています。
  • 園庭遊具

    さまざまな遊具は、遊びながら自然に友だちをつくり、集団生活に溶け込めるように工夫されています。クッションマットの敷設など、安全面にも充分配慮しています。

  • 豊富な音楽楽器

    すべての教室とホールにピアノ・電子ピアノを設置し、その他にもマーチングセット、和太鼓セットなどさまざまな音楽教育を支える豊富な楽器類が用意され、大きな効果をあげています。

  • 視聴覚用器材

    全保育室にTVとDVDプレイヤーを設置し、園内放送を実施しています。お子さまたちのクラス・グループ別の発表はもちろんのこと、歌・劇・名作ビデオ作品、オリジナルの英語映像教材などの紹介に活用しています。

  • 屋内運動用具

    十分な安全性を備えた幼児用サイズのとび箱・平均台・鉄棒・マット・エアーマットが完備されています。

  • スクールバスと
    かんたんメールver.2サービス

    若竹幼稚園グループ全体で12台のスクールバスは遠足やプールへの送迎やイベントに機動力を発揮しています。登降園時にお子さまが利用されるバス停にバスが近づくとメールでお知らせするシステム「かんたんメールver.2」によって、保護者の皆さまがバスの現在位置を携帯電話でチェックすることができます。交通渋滞、工事、悪天候などによる遅れにも安心して対応することができます。
    令和5年度より「おきざりブザー」を導入しました。

セキュリティー設備

フェンス園を囲むフェンスは、堅牢なアルミ押し出し材を用い、不審者などが簡単に入り込めない2mの高さです。

危険防止策柱や下駄箱、ロッカーなどの角は、面取りをしたり、衝撃緩衝材を設置しています。5連式鉄棒は万一の落下に備えた安全対策として厚さ6cmの特殊素材を敷きつめています。

屋内ソフトタイルテラスや廊下の床には転倒事故防止のため、弾力性のあるソフトタイルやゴムチップを使用しています。

ドア開閉時のケガ防止対策保育室などのドアには、指をはさむなどの事故防止のため、特殊なゴムを装着しています。

自動ロックシステム自動ロックシステム採用により、登降園時間帯を過ぎると5ヶ所の門はすべて閉鎖します。事務所で管理する出入り口のみの入出が許可される集中コントロールシステムです。

GO TO PAGE TOP