食育について

県北若竹学園では食育食農教育を積極的に行っています。

のこファーム

自ら野菜を育て、栽培・収穫の喜びを味わうとともに、土に触れ大地の恵みを感じ、感謝の気持ちを抱くことができます。 自分たちで育てた野菜を食べることは食育教育にもつながると考えています。

パネルシアターなど

ペープサート・エプロンシアターなど、子どもたちにわかりやすいように人形やイラストを使い楽しく指導しています。

クッキング保育

危ない、手間がかかると避けがちな作業ですが、自分たちで調理の一部を体験します。食べ物に直接触れ調理することで、食に対しての興味が持てます。

配 膳

自分たちで友だちの食べる量を考えて配膳し、満腹感とともに、食べきった達成感も味わえるように指導しています。

空 腹

広々としたお庭でたくさん遊び『お腹がすいた。』という感覚を自然に実感しています。

先生の魔法の言葉

抵抗のある食物も少しずつ食べられるように魔法の言葉をかけます。食べ慣れていない物でも声をかけ励ますことで食べることができるようになります。

給食センター

給食センターがつくり出す温かい手作り給食が好評です。きめ細やかなカロリー計算、栄養価計算はもちろん、毎日の放課後に行うセンター全体の殺菌・消毒に加え、シーズンにあわせ温度調節と衛生面に配慮した大型暖飯・保冷機、大型冷蔵庫による安心、安全な食事が人気です。食物アレルギーをお持ちの園児さんは栄養士が保護者面談などを通じて個々に対応させていただきます。