学校法人県北若竹学園

理事長あいさつ 幼保一体化 緊急時の若竹

元気っ子を育む環境づくりをめざし

 入園当初、ちょっとしたことで転び、とっさに手が出ない。進行方向にある障害物を反射的によけられない。バランス感覚が悪く、平均台を渡れない。友だちの輪のなかに入っていけない。
・・・こんなお子さまが増えています。子どもは失敗をしながら学び、成長していくので、転んだり、ぶつかったりするのは決して悪いことではなく、むしろ良い経験です。しかし、とっさに手を出して衝撃を最小限にする、あるいは障害物の寸前で身をかわして大切な顔などを守る反射神経を身につけているお子さまが少なくなっていることを危惧しています。また、「一緒に遊ぼうよ。」と言えず、友達をつくれないお子さまも増えているのも心配です。
  その理由として、体全体を使って大勢で遊ぶ機会が減ってきている現代っ子がおかれている環境があげられます。凹凸のないフローリング、きれいでコンパクトにまとまったリビングでママと過ごすことが多い未就園児の皆さんが、そのまま入園してくれば当然の結果とも言えます。昔のお子さまの多くは、大きな農家、広い屋敷で育ち、広い部屋・庭、納屋、蔵、屋根裏など、どこもかしこも良き遊び場でした。

 また、市町村が整備する公園も、不審者の出没、友達がいないなどの理由により敬遠されがちで、子どもたちの遊び場不足による体力・運動能力低下に拍車をかけています。幼稚園・保育園も、なかなか広い庭、体育ホールなどを確保するのが難しく、結果として小学校に入るまでに、ほとんどが全力で“走る”、“跳ぶ”、“投げる”などの運動が体験できない子どもが増えています。

  しかしながら、もっと深刻なのは、子どもたちを指導すべき我々大人たちの姿勢です。すなわち、安全を確保しながら、思う存分に遊べる環境づくりについて、しっかりとした考えを持っている大人が少ないということです。いいかえれば、子どもの成長の過程を大人がどう捉えるかの基準です。例えば、木登りにチャレンジして落っこちて打撲と擦り傷を負った我が子に対し、あの木に登ったなんてすごいね、ママにはできないよ、でもこの次は両方の手と足をしっかりと使って落ちないようにね、とアドバイスをするのと、頭ごなしに叱って、二度と登ってはいけない、と言うのでは、その後のお子さまに与える影響は大きく異なります。これを、幼稚園や保育園、市で管理する遊具・施設にあてはめると、最初の保護者は、『うちの子は、わんぱくまたはおてんばですので、これからもよろしくお願いします。』となるでしょうし、もう一方は、『なぜ、そんな危険な遊具が園内(または公園)にあるのですか?子どもにも厳重に注意しましたが、その遊具を撤去してください。』あるいは『安全策を講じてください。』となります。後者の保護者が多いところでは、当然、担任はじめ先生方、市当局は、危険と思われる遊具の撤去、危険と思われる遊びの禁止の方向にすすんでしまいがちです。

  我々大人は、小さな生命を守りながら、子どもが安全な環境で過ごせるように努力することは当然のことですが、過剰防衛・過剰反応により、お子さまの伸びる可能性を否定することのないようにしなければなりません。子どもの時から失敗が許されない社会であってほしくないというのは私一人だけの思いではないと信じます。子どもたちが、見て、聞いて、触って、臭いをかいで、やってみて、頭と体と心で捉え、感じながら成長して欲しいと願っております。
  現代っ子を取り巻く環境の変化を大いに憂慮しているのが創立者の学園長先生ですが、入園当初、守られてばかりだった多くの新入園児さんが、たくましく成長し、大勢の友だちと遊ぶ姿を見るのが何よりの喜びのようです、嬉しそうに園児たちを見守る創立者の姿に、我々スタッフ全員が勇気づけられる毎日です。大きな庭、大きなホール、大きな遊具、元気いっぱいの先生方、すべてに、建学の心が脈々と受け継がれ、今日があると感じるこの頃です。先輩、先人に感謝の日々です。

沿革

昭和31年 熊谷市に大麻生幼稚園創設
34年 県北若竹幼稚園に改名
36年 学校法人 県北若竹学園設立
39年 川本若竹幼稚園開園
42年 県北若竹幼稚園を移転し、篭原若竹幼稚園に改名
44年 寄居若竹幼稚園開園
51年 熊谷外国語専門学校を開校
平成 9年 寄居若竹幼稚園を新設移転
11年 田中哲夫氏が理事長に就任
12年 川本若竹幼稚園に多目的ホール新築
寄居に若竹あゆみ館を新築
17年 川本のこキッズ保育園開園
収穫体験ファームとして“のこファーム”開園
川本に給食センターを設置
19年 篭原のこキッズ保育園開園
篭原にのこキッズ館を新築
篭原に病後児保育室を設置
篭原に給食センターを設置
川本のこのこ隊発足(のこファーム担当)
20年
21年
篭原に子育て支援センターを設置
寄居のこキッズ保育園開園
篭原にバンブーレ館を新築
寄居に子育て支援センターを設置
川本に子育て支援センターを設置
各園に大型総合遊具完成
寄居給食センター設置
24年 川本若竹幼稚園増改築工事
26年 篭原に1・2歳児保育室ひよこ組設置
川本の0~2歳児保育室&給食センターを改築
27年 篭原若竹幼稚園 木製大型遊具(わんぱくとりで設置)
28年 川本若竹幼稚園 増改築工事
寄居若竹幼稚園 木製大型遊具(ハイホーの城設置)
29年 学園創立60周年事業(のこちゃんブロンズ像設置)
寄居若竹幼稚園 トイレ改修
川本若竹幼稚園 大型総合遊具(スライダーマウンテン設置)
篭原若竹幼稚園 梅組保育室改修
篭原若竹幼稚園 ひよこ組保育室改修 およびトイレ設置
篭原若竹幼稚園 イマージョンスマートスクール設置
30年 篭原若竹幼稚園 全国で初めて一人一台の学研キッズボード(タブレット型知的教材)を導入

幼・保一体化園の役割と意義

幼・保一体化園誕生は『幼稚園と保育園の両方の長所を生かす施設に対するニーズの高まり』が大きな要因です。幼稚園は学校教育法第22条により『義務教育およびその後の教育の基礎を培うものとして、幼児を保育し、幼児の健やかな成長のために適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。』と定められております。幼稚園の位置付けは、小学校入学に向けての教育機関として位置付けられます。幼稚園の良さは『友だちが多い』『庭が広い』『カリキュラムが充実している』『預かり保育を柔軟に利用できる(利用に際しあまり制約がない)』ことがあげられます。一方、保育園は、児童福祉法第39条の規定に基づき『保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達をはかることを目的とし、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進する。』と定められております。保育園の位置付けは、お子さまの養護を中心に教育も一体的に行う福祉施設の位置付けです。保育園の良さは『長時間保育』『給食』『家庭的な雰囲気での保育』『異年齢児の縦割り保育』があげられます。

各々の長所を活かし、若竹学園では平成17年4月に県北で最初の幼・保一体化園を川本若竹に設立しましたが、平成21年4月寄居若竹のオープンをもって、篭原・川本・寄居の3園すべてが幼・保一体化園としての機能を持つことになりました。一般的には無認可保育園との一体型が多いのですが、若竹学園の幼・保一体化園はすべての施設が、認可幼稚園と認可保育園の一体化型であることが特徴です。この特徴を活かし、次のようなケースで問題が解消され、大勢のご家族に喜ばれております。

3歳になったら上の子どもは幼稚園に転園させたい。
でも、下の子がまだ、保育園児なので送迎が二度手間になってしまう。

幼・保一体化園では兄弟姉妹一緒の送迎が可能です。また、下のお子さまの保育料は半額になります。

 

共働きなので、習い事の送迎ができない。

若竹学園では課外クラブが充実しております。(園によって多少異なりますが、スイミング、リトミック、イングリッシュ、サッカー、体操クラブなどがあります。)また、クラブ終了後も保育が継続できます。
※習い事は、園により多少異なります。詳しくは、各園のホームページをご覧ください。

 

毎日の仕事ではないので、保育園の必要はないが、正規雇用になった場合、柔軟に対応してもらいたい。

保育園の入所基準に関係なく、幼稚園の預かり保育は自由に利用できます。(延長保育時間は、原則、保育園と同じ。また、完全給食が寄居の一部学年を除き選択可能になります。)
※完全給食は、遠足などの一部行事日程を除き、他の幼稚園児が、お弁当の日も給食を選択する園児向けです。

 

仕事はしていないが、週1回、月1回ぐらい親の習い事、急な用事などで預かって欲しい。
また、近所に友だちがいないので、子どもがもっと遊んでいたいと望んでいる。

幼・保一体化園は、突発的な用事の場合でも、幼稚園の預かり保育はその日の申込みで、また、未就園児の皆さんは、保育園の一時お預りを1週間前登録・3日前まで予約でご利用できます。詳しくは篭原のこキッズ保育園川本のこキッズ保育園寄居のこキッズ保育園のホームページをご参照ください。

 

今、子どもたちを取り巻く環境は激変しております。私たち学園スタッフの願いは、昔、あたりまえのように安全であった遊び場、大勢の友だちとの触れ合いの場を、子どもたちに取り戻し、それぞれのお子さまの個性、特性を思う存分に伸ばせる環境をつくることです。そして、核家族化や雇用形態の変化により、保護者さまがさまざまなライフスタイルの選択を余儀なくされる中で、お子さまの成長過程および個々のご家族の事情に応じて対応できる保育環境を充実させることであります。この幼・保一体化園が、お子さまとご家族の夢多き未来に向けて、少しでもお役に立てれば幸いです。

緊急時の若竹

2011年3月11日の東日本大震災で被災された方々、亡くなられた方々に心から弔意とお見舞いを申し上げます。

 

東日本大震災における実際の避難活動を通して、普段からの避難訓練、緊急時の対応マニュアルの重要性を実感しました。若竹では、この対応マニュアルに加えて、保健安全委員会が各園に設置され、日々の遊具・備品類の安全点検、月に一度の総合点検、年に一度の業者のマニュアルに基づく総合診断を実施しています。加えて、ノロウイルスなどの感染症の予防および発生時の対応、熱性けいれん、アレルギーなどの園児に対する対応などについての勉強会、講習会を定期的に実施し、万一に備えて教職員用の緊急マニュアルを整備しています。

3月11日。
そのときの若竹学園。

大震災当日、若竹のそれぞれの園では、震災直後、揺れの大きいうちは担任の指示に基づき、園内にいる園児たちはテーブルの下にもぐって揺れが収まるのを待ちました。同時に、地震で窓が開けられなくなることを憂慮して、ドアや窓ガラスの一部を開け、脱出ルートを確保しました。揺れがある程度おさまり、避難路の安全が確保されていることを確認できた時点で、担任の引率でグラウンドに避難、保育園の乳幼児たちは緊急避難用のベビーカーを利用するなどしました。一方、外遊びをしていた園児たちは担任の指示で、予め決めた待機場所に誘導されました。それぞれの担任は待機場所に集合後に点呼を取り、全員の避難が確認されたことを、主任を通じて管理者に報告しました。大きな揺れにビックリした園児たちも先生方の誘導で落ち着いて冷静に行動できていました。これも、避難誘導マニュアルにのっとり、定期的に実施されている避難訓練の賜物と感じております。

しながら、外に避難していても強い余震が続いているため室内に戻るタイミングが非常に難しいのが今回の地震の特徴でした。原則として、外での待機が指示されましたが、軽装で脱出したため三月上旬の寒さで長時間外にいることには限界もありました。トイレに行きたい園児もでてきたため、預かり保育および保育園の園児はすぐに避難できる準備態勢をして室内待機にしました。電車を含めた交通網がマヒしているとの情報と電話・メール連絡ができない状況で、予定の時間にお迎えに来られない保護者さまが出てくることを想定して、給食センターに夜食の準備を指示しました。保護者さま以外の方がお迎えの場合、その身分と事情をよく確認してからのお帰りになりました。また、自宅が園の近くの先生方にも夕方に一度帰宅を促し、家族と自宅の状況を確認した後、保護者がお迎えに来ることができない園児たちのケアのために戻るように伝えました。ほとんどの園児が夜10時ごろまでには帰宅しましたが、園に泊った園児も全園で何人かいました。

この地震で学んだことは、園児たちを整然と避難させるためには、教職員が冷静・沈着な言動をとることが最重要ということです。パニックになっても不思議ではない状況下で、園児たちは実に落ち着いていました。夕方から夜遅くなって一人また一人と友だちが帰っていくなかでも、電車が止まっているためにパパ・ママのお迎えが遅れることを先生方が事前に説明していたことと、何よりも大好きな先生、友だちが一緒にいてくれたことが大きな安心につながったと思われます。第三学期で集団生活に慣れてきた頃だったのも落ち着いた行動ができた要因のひとつでしょう。加えて学んだことは、津波に襲われた人々が高台に逃れたように、いざという時の避難通路と園庭という大きな避難場所の必要性です。

建物が崩壊する危険がある状況下で、建物と建物との隙間や、電柱や看板が落下する危険性がある公道は非常に危険です。幸い、若竹では広いグランドが避難・待機場所として確保されていることが大きな安心につながりました。もし、大きな災害時に避難する場所、待機する場所がなく、乳幼児が公道を通って近くの公園などに避難することを想像すると寒気がします。備えあれば憂いなし。まさに今回の地震が教えてくれた教訓でした。